Part1 発掘された公害病

専門家による証明(1)

梁の上のほこりに8000ppmの砒素

 閉山して10年、土呂久鉱山操業当時の煙害はどうやって証明できるのか。九州大学医学部の倉恒匡徳教授は、民家の梁の上のほこり(ハウスダスト)に目を付けた。掃除されることのない梁の上に、何十年ものほこりがつもっていた。
 「ハウスダスト中の砒素は鉱山に近いほど濃度が高い」ことがわかった。ふつう民家のほこりから砒素が見つかることはない。公衆衛生の専門家が、こうして、かつての鉱山活動による砒素の大気汚染を証明した。